生活の豆知識

どんな壁にもMPパウダーは塗れるの?

MPパウダーを施工する前に下地の確認をしてください。

種類 適正 処理方法
石こうボード 12.5mm厚べベルエッジを使用してください。3×6より3×8ボードを推奨します。
横目地が少ないのでクラック防止になります。
ジョイント部分などにパテ処理をし乾燥後、仕上材の施工となります。
クロス下地 ビニルクロスの場合はゴミ、汚れを除去してください。剥がれ防止の為、タッカーで補強します。補強後、あくどめシーラーをムラなく塗りつけ完全乾燥させてください。
※クロスの下地がモルタルやコンクリートの場合はタッカーが打てない為、ビニルクロスを剥がしてから施工してください。
※紙クロス、布クロスの上に施工すると剥離の危険性があります。クロスを剥がしてから施工してください。
詳しくは施工マニュアルをご参照ください。
推奨シーラー (下記シーラーはF☆☆☆☆表示製品です。)
㈱ハネダ科学 ハイポリックシーラー
石こう中塗り 特別な下地処理は必要はありません。
下地の乾燥が不十分ですと、仕上げ材の乾燥が遅れ、カビの発生の原因になることがあります。
下地を十分乾燥させてから、施工してください。
モルタルコンクリート 特別な下地処理は必要はありません。
下地の乾燥が不十分ですと、仕上げ材の乾燥が遅れ、カビの発生や表面強度、付着力の低下がおこります。
pH試験紙でpH9以下、水分計で含水量10%以下になったのを確認の上、施工してください。
合板(ベニア) × ジョイント部分にファイバーテープを貼り、パテをしごき塗りし完全乾燥させてください。
あくどめシーラーをムラなく塗りつけ完全乾燥後、仕上材の施工となります。
※合板(ベニア)下地は施工後の膨張、収縮が大きく、適正下地に比べ割れが発生し易くなります。
部分使用(設備機器の受け板等)でも割れやアクの発生に注意をお願いいたします。
ペンキ、塗装 塗料と下地の付着の強さを確かめてから施工してください。
(ガムテープを貼って剥がしてみて、塗料が剥がれてこないかどうか確認し、剥がれてくる時は塗料を全面剥がしてから施工してください。)
シーラーをムラなく塗りつけ完全乾燥後、仕上材の施工となります。
古壁
(聚楽壁・砂壁・繊維壁)
古壁下地の場合は、剥離の可能性があります。古壁を左官材用剥離材などを使用して剥がし、完全乾燥後、仕上材の施工となります。
  • 高機能珪藻土について
  • リフォーム修理について
  • お役立ち情報
  • 珪藻土専門サイト Tane.net
  • リフォーム・増改築は、パナソニックのわが家 見なおし隊|Panasonic
  • TOTO:トイレ・ユニットバス・システムキッチン・洗面所・リフォーム・増改築