生活の豆知識

珪藻土って多くの種類がメーカーから出てるけど、何を基準に選んだらいいの?

本物の調湿材を選ぶポイントは3つ!!

①珪藻土の細孔の大きさが『メソポア』であること!
調湿材の吸放湿機能は細孔の大きさで決まります。
細孔がメソポアでなければ、吸放湿機能はありません。
メソポアより大きな細孔である、マクロポアでは吸湿機能が少なく、
メソポアより大きな細孔である、ミクロポアでは一般的に吸湿するだけで放湿はしません。

②メソポア珪藻土の含有率(1袋に何%入っているか?)
1袋にどれだけメソポア珪藻土が入っているかがポイントです。
残念ながら1割しか入っていなくても珪藻土建材として扱われます。
MPパウダーMは50%、Hでは80%の含有率があります。
だから調湿機能も高いです。

③メソポア珪藻土以外の内容物と何で固めるか?
メソポア珪藻土以外に何が含まれているかが問題です。
いくらメソポア珪藻土がHシリーズの様に80%入っていても残りの20%に石油化学品やメソポア珪藻土の2~50nmの細孔をふさいでしまう物質が入っていれば、せっかくの調湿性能も台無し、ただの塗り壁材になってしまいます。

MPパウダーシリーズは石油化学品は含みません。
メソポア珪藻土の固化剤には自然のりだけを使用しており、安心・安全・高機能をお約束します。

  • 高機能珪藻土について
  • リフォーム修理について
  • お役立ち情報
  • 珪藻土専門サイト Tane.net
  • リフォーム・増改築は、パナソニックのわが家 見なおし隊|Panasonic
  • TOTO:トイレ・ユニットバス・システムキッチン・洗面所・リフォーム・増改築